福永活也弁護士は高校卒業と同時にバックパッカーで海外放浪に頻繁に行くようになったそうです。
すでに113か国を回っているそうですよ。

また、その他に福永活也弁護士は弁護士としては日本で初めての世界7大陸最高峰の登頂を目指しているそうです。

また、弁護士、冒険家に留まらず現在はタレント事務所にも所属されているんだとか。

大和悠河の宝塚時代

大和悠河さんは、宝塚歌劇団の元宙組男役トップスター。

1993年に20倍の倍率を潜り抜けて宝塚音楽学校に一発合格します。
大和悠河さんは、身長169cmで、10頭身のプロポーションに、天性の華やかさ、
抜群の運動神経から、音楽学校時代にいるときから「天海祐希の再来」として
注目をされてきました。

愛称は、「ユウガ」「タニ」。大和悠河さんが宙組男役のトップスターとなったのは、入団から12年目の2007年のことでした。

そこまでかかった理由は歌が下手だったことのようですが、小顔で美形、スタイル抜群の男役スターの大和悠河さんに夢中になるファンはさぞ多かったことでしょうね。

そして、天性の容姿と華やかさで「ウエストサイドストーリー」のトニー役を始め、新人公演
で主演を務めること6回宝塚のバウホール公演の主演最年少記録を更新したトップオブトップなのです。

2009年、宙組男役トップスターとして人気絶頂だった大和悠河は、宝塚歌劇団を突然退団し多くのファンに衝撃を与えました。

スポンサーリンク

退団理由

(こちらの画像はタキシード仮面を演じた際のものです。)

宝塚歌劇団退団理由について、大和悠河さんはこのように語っています。

「宝塚では充実感を得た!新しい目標を決めて、またそのゴールに向けて全力で走りたい」

2009年に宝塚を退団後は、舞台やミュージカルの女優として活躍されています。

まずは、舞台女優として国内の舞台を踏み、2014年には、目標に掲げていたブロードウェイ「CHICAGO」出演を果たしました。
また、テレビのバラエティ番組では、そのセレブ生活ぶりが度々、紹介されているそうです。

大和悠河の収入源

大和悠河さん自身の年収は1000万円程度と言われています。

一般的には高収入に値しますが、年収1000万円では、とうてい大和悠河の超絶セレブ生活を支えることはできないようです。

年収とセレブ生活

実は、東京に自宅があるにもかかわらず、

帝国ホテル住まいであったり、2015年11月放送の「今夜くらべてみました」では、大和悠河さんのニューヨーク旅行に密着していて、往復はファーストクラス(200万円)、ホテルは1泊12万円の四つ星ホテルの予定が、部屋が暗いからとキャンセルし、別の1泊20万円の5つ星ホテルに移ったり、ひとたび買い物に出かけると約1000万円のショッピングで、宿泊しているジュニアスイートの部屋がブランドの紙袋でいっぱいになてしまったりと、そのセレブ生活ぶりが話題となりました。

2016年6月放送の「今夜くらべてみましたSP」では、ニューヨークで家を買う旅行に密着し、大和悠河さんはランチで訪れたNYで人気のスープ店「ラ・ボーン・スープ」
では、オーダーしたトマトの冷製スープ(2,300円)を2口だけ飲み、その後は、ミシュラン一つ星の寿司屋「Jewel Bako」に移動し、お寿司6巻セット(9,000円)を頼むも、大好きなイカと中トロだけを食べるという贅沢な様子が紹介されていました。ニューヨークでの家購入では、内見した3件の中から、ブライアントパークを眺めることのできるディヴィッド・チッパーフィールド氏がデザインを手掛け、ホテル並みのサービスが受けることのできる「THE BRYANT」の2LDK100㎡(2億9500万円)を選び審査のための申込書にサインするというところで終わりました。

ということでかなりのセレブであることが伺えますね。

かなりっていうレベルではなく、とんでもないセレブですけどね。

大和悠河の実家

では、どうやってこのような桁違いのセレブ生活を手に入れる事ができたのでしょう?

大和悠河は、東京家政大学附属中学を経て、宝塚音楽学校を出ていることから、実家自体が大変な金持ちという噂があります。

しかし、タカラジェンヌのその内面から出るセレブ感って本当にセレブだから醸し出されるものなのかも知れませんね。

父親と兄の職業

実家がお金持ちってことはつまり、実家の両親がかなり立派な職業についているってことでもありますよね。

どんな職業に就かれているのでしょうか。

実家の親は何者なのかというと、父親は東京大学出身の医師。

兄も東京大学出身の医師だそうです。実家が開業医だとすれば、金持ちでないはずがなく、大和悠河に仕送りがあると考えるのが自然なのかもしれません。
しかし、親や兄弟が開業医だからといって、誰も彼もが大和悠河ほどの超絶セレブ生活を送っているわけではありませんから、加えて実家が資産家である
可能性もあります。

実家の家族が医師をされている時点でお金持ちってのにもなんとなく納得できるわけですが、
なにやら大和悠河さんのセレブ生活には別の説もあるようですね。

大和悠河の収入源がスポンサー?

ということで別の説について調べていたところこんな噂を見つけましたよ。

大和悠河のセレブ生活を支えているのは、実家の仕送りではなく、スポンサーではないかという噂もあります。
噂の中には、帝国ホテルが、ホテルのブランド宣伝のために、大和悠河を住まわせているといった情報も。

それ以上にインパクトがあるのは、宝塚時代から大和悠河を慕っているファン。

在団時代には、毎日のように豪華なお弁当を差し入れる「お弁当チーム」や、「洗濯チーム」などが存在していたそうです。

こうしたファンの中に超絶金持ちがいたとしたら、大和悠河のスポンサー化していてもおかしくありません。

退団後もその贔屓筋のセレブおばさまがタニマチ・スポンサーとなっているというのが本当のところのようです。
帝国ホテル暮らしについても、贔屓筋の方が年間契約などをされていて、大和悠河さんはその部屋に住まわせてもらっているのでしょう。ご自分の
ご贔屓だったトップスターが、引退後は貧乏暮らしをしていますなんてところは見たくないでしょうからね。

でもそのためには、大和悠河さんも引き続き、ファンの方を魅了しつづける存在であることが重要かと思います。

38歳の今も結婚をしていないのも、そういった理由からではないでしょうか。

どうやら、お金持ちの実家の後ろ盾ではなく、彼女の宝塚時代の熱狂的なお金持ちファンが彼女の生活を支えているようですね!
宝塚トップスターとファンの関係って、すごいものがありますね!

まとめ

今回は元宝塚トップスター大和悠河さんについて、お届けしました。