杉浦友紀アナは足太い?実は美脚で身長は?卒業と今後の出演番組は

2019年3月2日

杉浦友紀アナの卒業と今後の出演番組

 

 

2013年よりNHK「サンデースポーツ」のメーンキャスターとして活躍していた杉浦友紀アナ。

 

週末の女神なんて呼ばれていましたが、2018年をもって卒業することになりました。

 

NHKの杉浦友紀アナウンサー(34)が25日、「サンデースポーツ」(日曜後9・50)に出演。番組からの卒業を発表した。後任は報道局記者、大越健介氏(56)と副島萌生アナ(26)が担当する。
3大会連続で五輪キャスターを務めた杉浦アナは「私は6年間、スポーツキャスターを務めてきました。最初は何も知らないところからの始まりでしたけれど、いまでは競技場が私にとって一番、居心地のいい場所になりました」とあいさつ。
「私が一番感じたのはスポーツが持つ力です。日常生活がうまくいかないとき、アスリートの姿を目の当たりにすると、前を向く勇気が湧いてくる。そんなスポーツの力を皆さんと共有できたらと思い、番組を務めてきました」と振り返った。今後に関しては「私はスポーツが大好きです。新年度からは少しスポーツから離れますが、さらに幅を広げて、またスポーツをお伝える場所に戻ってこれたらと思っています」と話した。

スポンサーリンク

卒業後は「NET BUZZ」 MCと、「英雄たちの選択」の司会に抜擢され、違ったフィールドで活躍しています。

杉浦友紀アナは名古屋市岡崎市出身ですが、父親の仕事の関係でサンフランシスコやメルボルンに住んでいた経験もあります。英語もできる国際派で、上智大学でも好成績をおさめていました。

 

杉浦友紀アナは長年キャスターを務めた『サタデー&サンデースポーツ』でもしっかり司会をこなしていましたし、何年か経てば渡邊アナのように立派な歴女になるかもしれませんね。

今後の活躍にも期待したいと思います!

この辺で杉浦友紀さんの紹介は終わりです。