【ほうれい線】1本で10歳上に見られる?油断が命取り。原因と対策は!

1本でも10歳上に見られる?!ほうれい線の原因と対策は?

 

ほうれい線という言葉を聞くと、

若いうちは出来ないというイメージがありますよね。

ですが、それは間違いです。

 

ちょっとした油断で、

10代でも十分にほうれい線が出来る可能性があります!

ほうれい線が1本出来るだけと、

なんと実年齢よりも10歳上に見られると言われます。

 

いつまでも若々しくいるために、

今回はほうれい線の原因とその対策についてみていきましょう。

 

 

ほうれい線・・・気になる原因は?

 

ほうれい線の原因①

一つ目の原因は皆さんが一番認識している「加齢」です。

 

年を重ねると、

やはりどうしても顔の筋肉が衰えてしまいます。

 

顔の筋肉が衰えると、ピンと張った肌がたるんでしまい、

それがほうれい線の原因となってしまうようです。

 

また、年を取ると衰えるのは筋肉量だけではありません。

年を取るとコラーゲンの生成能力も低下するので、

肌に水分が無くなっていきます。

 

肌に水分が無くなると、それが原因でシワが出来始め、やがてくっきりとしたほうれい線になってしまうようですね。

 

ほうれい線の原因②

次の原因は、「乾燥」です。

これが若い人でもほうれい線を作ってしまう原因となります。

 

最近は小学生の子でもうっすらとメイクをするというようなことが増えてきました。

これは中学生、高校生でも同様です。

 

こうしたメイクをすることは、全然問題は無いのですが、

その後の処理に問題があります。

 

しっかりとメイクを落とさないことで、肌が呼吸しにくくなりそれが新陳代謝を下げ、

乾燥肌を作ることがあります。

 

また、毎日繰り返し顔を洗いすぎて、顔に必要な皮膚を落としすぎてしまいそれが原因で乾燥肌になる人も多いようです。

いろいろな原因で、肌の乾燥は起こりますが大切なのはしっかりとメイクや汗を落として、その後に毎日しっかりと保湿をすることと言えるでしょう。

少しの怠けが年齢関係なくほうれい線の原因となるので注意していきたいですね。

 

ほうれい線の原因③

最後の原因は「遺伝」です。

こればかりはどうしても避けられないことになります。

 

若くて、乾燥肌でもないのに急にほうれい線が深く…

というケースがごく稀に起こります。

そのような場合は、費用はかかってしまいますがエステやクリニックなどで解消することをオススメします!

また、自分でもいろいろと出来ることがあるので試してみましょう!

その方法についてみていきましょう!

 

自分で出来るほうれい線対策。

ほうれい線を無くす体操。ほうれい線エクササイズ?

エステやクリニックによるプロの施術も良いのですが、

どうしても継続するとなると費用がかさんでしまいますよね。

これは深刻な問題です。

そんな時は、顔のマッサージを行いましょう。

ポイントは巨りょう(こりょう)というツボを軽く押すことです。

巨りょうといわれてもどこかわからない・・という方は
下記のサイトをご覧ください。私も下記で勉強しました。

毎日続けることが大切ですので、頑張りましょう!

また、筋肉の量を落とさないために、あいう体操というものもあるようなので

加齢によるほうれい線の悩みを持っている方は実践してみてください!

 

https://antiaging-life.info/houreisen-10-1284.html

 

 

最後にひとこと!

男性は少し老けて見られても彫りが深くなっていい味が出る…

ということがありますが、

女性はもちろん男性にとっても、ほうれい線はかなり大きな痛手となります。

若いからと言って油断せず、

毎日顔の体操や保湿を心がけましょう!