子供肥満対策!肥満気味なお子さんにお勧めのよく噛むダイエット?

2018年12月19日

っかり噛むと肥満になりにくいって知ってましたか?

 

本日は、小学校1年生の息子さんのお母さん(年齢36歳)から相談を受けています。

 

小1の息子が肥満気味です。

 

やはり考えられるのは、ご飯(お米)が大好きなこと。
野菜に対してお米を食べる量が3:7くらいで偏食気味です。

 

 

せっかく自宅ではおやつを抜きにしているのに息子と一緒に義母の家に遊びに行くと
どんどんとおやつが出てきてしまい困っています。

 

それを取り上げると不機嫌になってしまったり・・・

 

・子供を太らせない為に、食べ方の工夫って何かありますか?

・太らせまいとおやつ抜きにしてますが、大丈夫でしょうか?
(そのせいで、食事中に食べ過ぎる?)

以下のアドバイスをさせていただきました。

よく噛むダイエット?

・一口で30回噛むようにする。(1回の食事で1500回噛むことを目標にする)

・調理方法によりしっかり噛まないと食べられないような状態にする。

 

上記により食べる際にしっかり噛むという習慣をつけることができます。

 

「しっかり噛む」により得られるメリットとしては

・満腹中枢が早く刺激されて、脳が満足度を感じる

・胃腸への負担を和らげることができる。

・過食を防いで肥満を予防することができる。

よく噛むことによって満腹中枢が刺激されると、食欲を抑制する「神経ヒスタミン」というホルモンが作られます。

神経ヒスタミンは、食行動調節、エネルギー代謝調節機能にも関わる物質であることが知られています。咀嚼行動は、神経ヒスタミンを活性化させ満腹中枢を刺激し、食欲を抑制させる行動であることが分かります。

引用:肥満と神経ヒスタミン | LIFE ORDER スポーツ医科学研究所

 

好きなものだけを与え、健康を損なわせるのは虐待の一種。

あまり認識されていないようですが子供が喜ぶからといって好きなものだけ与えるのは
虐待になるって知っていますか?

 

もし孫を溺愛して何でもかんでもお菓子をあげる祖父や祖母がいるのであれば、
両親がしっかりとブロックしなければいけません。

 

食事制限方法は?

・食べる時間を決める
食事や間食の時間を明確に決めずに好きな時間に食べていると過食気味になります、たいしてお腹がすいていないのになんとなくおやつを食べているという状況はよくありません。

・主食野菜をバランスよく食べる当たり前のことかもしれませんが、ご飯などの炭水化物や油物の取りすぎは暇になりやすいです。

 

・おやつはコーヒーカップ一杯分ぐらい

子供にとっておやつは楽しみの一つです。
必ずしもおやつが「悪」ということはありません。

重要視すべきは「食べる量」です。

目安としては、コーヒーカップ一杯分ぐらいに止めておくのが無難でしょう。
量さえ守ればどんなおやつを食べても問題ないです。

 

最後に

子供は肥満であっても成長している過程なので多少肥満であっても問題無いと思いがちですが、これはあくまで将来的に身長が伸びる前提での話。

限度の限度を超えた肥満は、
高血圧、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群をする可能性があります。

もはや、これらは大人だけの病気ではありません。

 

また肥満により外見がコンプレックスとなり自分に自信を持つことができなくなってことは
深刻な問題だと思います。

逆に言うと現在肥満で自信を持てない子だとしても、

暇を解消してあげることで自信を持つことができるということ、

もし親御さん自身が子供の頃肥満でコンプレックスを持っていたという過去があったのだとしたらお子さんには同じ思いをしてほしくないですよね。

 

お子さんと2人3脚という気持ちで、
肥満の解消に取り組んでいただければと思います。