平野美宇の妹が亜子と世和!発達障害者の噂と画像は

2019年3月3日

妹が変という評価は世間の思い込み

ということで「妹が変」と評価される理由について少し考察してみたいと思います。

平野美宇の母親が著書『みうは、美宇』という本を出していたんですが、その著書に三女(亜子)の発達障害を告白。

しかし、妹さんの発達障害を知らない人たちは、妹の亜子さんの様子が変と評価したと考えられます。

妹の亜子さんも全日本選手権4回戦まで進出と快挙を達成させています。

亜子に障害のある病気があるという噂の真相は真実です。『発達障害』で、幼いころから人との距離感を上手くつかむことができず、自身のしたいと思ったことや感じたことに忠実に動いてしまうのだそうです。頬にケチャップがついていても平気だったり、日常生活が多少困ったりすることもあったんだとか。

スポンサーリンク

現在小中学生の15人に1人が発達障害と言われています。障害といいましても、1つの特定のものにはまれば多を凌駕するほど才能を発揮できるので、私はとても素晴らしいことだと思います。障害があっても自分らしく輝いていくこと可能。

ということで、妹が変と評価しているのは、発達障害の事実を知らない方々の反応だったということですね。
しかし、ネットというのは本当に正直すぎるメディアだと思いますね。

妹が変というのはあまりにも突拍子もない表現だと思います・・・

しかし、発達障害といえども今やそれほど珍しいものではないと私は考えております。
身長が高い人、低い人がいるようにある意味では個性とも言えます。

一つのことに集中する能力が優れているというデータもありますのである意味で芸術家向きと言えるのではないでしょうか。
そういう意味で卓球に関しても、勝利にこだわり続け、つらい練習を続けることができるのも強みと言えそうです。