平野美宇(卓球)の父親の職業は医者?病院はどこ?母親の教育とNHK

2019年3月3日

平野美宇の父親は筑波大学の出身

父親は医師で、娘は卓球の世界トップ選手だなんて、やっぱりそういう血筋や運命なのかって思ってしまいますね。人には、生まれながらにしてその役割があるってよく言いますし。

 

父親・光正さんは筑波大学卒業後に宮崎医科大学に入り、医師の道を志した内科の医師です。現在は山梨県甲府市にある甲府城南病院の循環器内科に勤務しており、今年(2017年)48歳になるベテラン医師ですね。

 

平野美宇さんの父親は筑波大学を卒業されているんですね。お医者さんになる方ですし、とても優秀な方なんですね。

現在は山梨県にある甲府城南病院に勤務しているとのこと。平野美宇さんの活躍とともにお父様の知名度も上がりましたね。

 

平野美宇の父親も大学時代に卓球

平野美宇さんといえば卓球の実力がすごいと有名です。

それにはご両親の影響もあったのでしょうか。

スポンサーリンク

 

平野光正さんは、宮崎医科大学出身で、内科医をしていますが、

その前は、筑波大学で卓球部の主将でエースとして活躍していました。

全国国公立大学卓球大会では1987年と1988年になんと2連覇までしているようです。

相当な腕前だったということ。

やはり、お父様も卓球の経験があるようです。

しかも、大学時代には主将まで務めていたとは、かなり強かったんですね。

2連覇までしているとは驚きです!

 

平野光正さんの嫁で平野美宇選手の母の真理子さんも卓球が得意で、

やはり筑波大学の卓球部の主将だったようです。

 

平野美宇さんのお母様も卓球が得意だということがわかりました。

ちなみに両親は大学時代に出会ったと言われています。