張本智和の中国名や国籍&帰化の反応で中国語が話せるの?

2019年3月3日

張本智和の「チョレイ」の意味を考察

ということで、良い機会ですので、「チョレイ」の本当の意味について少し考察してみたいと思います。

しかし張本智和選手以外にも「チョレイ」と叫ぶ選手はおり、中国から帰化した吉田海偉選手や中国人選手に多くみられています。

 

さらに調べてみると、「チョレイ」にはこんな意味があるようです。

 

中国語でその意味とは(好球)Hao Cho → ナイスボール!しかし「Hao」は発音が弱いために「Cho」だけが残り「チョ!」になりました。

 

そして「チョレイ」のほうは(再)le → 再び CHO Le → 再びナイスボール! となったようです。

「チョレイ」に再びナイスボールといった意味があったんです。

スポンサーリンク

中国語として意味の成り立つ言葉のようです。

やはり、両親が中国籍でご自身も中国語を話せる張本智和選手なので、自然と中国語の掛け声のようなものが生まれたのでしょう。

ちなみにチョレイという掛け声を大声で叫んでいる理由は自分自身を鼓舞し、大声によって緊張をせず、本来のプレーを引き出すということを、お母さんから教えられたようですね。

それが世間ではうるさいいなんて言われてしまいがちですが、おそらくそのエピソードがあること理解してくれれば、うるさいいなんて反応にはならずに済みそうなのですが・・・

ちなみ卓球だけでなく、テニスでも掛け声とかありますが、あれも全て自分を鼓舞し、あとの良いプレーの繋げる為と私は思いますよ。

 

まとめ

張本智和選手は日本に帰化していますが、中国語も話せて卓球も強いのでかっこいいですね。

これから日本代表として、中国の強い選手を打ち負かしていくかもしれません。

心ない誹謗中傷は気にせずこれからも頑張ってほしいですね!