NHK・雨宮萌果の結婚とかわいい写真!母は天川彩で父や妹は?身長は

2019年3月9日

NHK・雨宮萌果の身長(写真で比較)

雨宮アナウンサーの身長については、あくまでNHKのアナウンサーは身長、体重、血液型などを公表することはありませんので、あくまで推定になりますが、おおよそ身長160
cm前後
ではないかと見られています。女性なら平均的な身長ですよね(^^)

こちら、身長178cmと言われている哀川翔さんと並んで、わりと身長差があるように見えたので、恐らく160cmくらいが妥当なんじゃないかな?と思いました。
写真では二人共かがんでいるのであまりハッキリは分かりませんが…。

身長160cmだと女性としても平均的ですからね。バランスのいい身長が一番いいって私は思いますね。
男性でも女性でもあまりに小柄だといつまでも子供扱いされてしまいがちですからね。

 

NHK・雨宮萌果は結婚してるのか

雨宮萌香さんの結婚について、また彼氏についての情報は、現在のところ全くありません。
熱愛情報については、NHKアナウンサーの場合、かなり管理が厳しいと思うので、残念ながらガセネタ以外出てこないと思います。

NHKアナウンサーはそういった背景もあり、圧倒的に社内恋愛からの結婚というパターンが多いですよね。
社内恋愛であれば、みんな条件は同じだから外部への情報漏洩ってないですよね、推測ですけど。

 

NHK・雨宮萌果の母は作家の天川綾

実は雨宮萌果アナの一家は芸能一家で、母親は作家、脚本家、作詞家、コラムニスト、童話詩人、映像監督としてなど、幅広い分野で活躍中の天川彩さん。そして妹さんはワハハ本舗に所属していることが知られています。

スポンサーリンク

お母様は、作家、脚本化、コラムニスト、作詞家、プロデューサーの天川綾さんです。
原作本の「タイヨウのうた」が同時期に映画とテレビで放映されました。

ラジオ連続ドラマシリーズで脚本家デビュー。以後、作家、作詞家、コラムニスト、童話詩人、映像監督としてなど、幅広い分野で活躍中。
小説『タイヨウのうた』は、映画・テレビでも話題となる。経歴は、北海道札幌市大手音楽プロモーション会社、新聞社系情報記者及び企画部チーフ
を経て、1996年ラジオ連続ドラマシリーズでデビュー。1998年時代のニーズとスピリット、エンターテイメントを融合させた企画会社『オフィスTEN』を設立。
自然の叡智と命の尊厳をテーマとしたナチュラル指向で現代にあったプロデュースを手がけながら作家、コラムニスト、童話詩人として活躍中。
お母様が絶大なるNHKへの力があることから、雨宮萌果アナウンサーは、コネ入局では!?との噂もあります。

雨宮萌果アナウンサーのお母さんは、かなりすごい方のようですね。業界に相当なコネがあってもおかしくないようです。
また、以前は雨宮萌果アナの声について、かつては聞きずらいって意見が多かったようで、福岡局にいた頃はニュースを読んでいたという事ですが、内容が入ってこなかったなんて意見があったため、このように言われてしまったのかもしれませんね。